フレーム

MV500 Quattro CORSA

フレームはこんな感じ。

トーションバーを使っているブレードタイプのガーターフォークのサスペンション構造がよくわからないので、ちょっと想像が入っていますが、こんな感じだったのだろうと思われます。

MV博物館に展示されているこの車両は何年型なのだろうかという考察をしてみると。

黄色いパネルには、1949年に作られて50年のベルギーでデビューしたと書いてある様だが、アールズフォークがついているし、油圧式のダンパーがついているので明らかに50年型の姿ではない。ヘッドも違うようだ。

これも想像ですが、これは50年に使われた2台のうちの1台で、1951年にフロントサスをテレスコピックに変更、リアにサブフレームを追加し油圧ダンパーを取り付けたもの。タンクのえぐりは、イタリアGPで試された、タンクマウントのフェアリングの名残であろう。52年には、4キャブ化に伴い新型のヘッドに交換され、レス・グラハムが好んだといわれているアールズフォークに改修され、スペアマシンとして使用されたのではと思われる。

後にレストアされた時に、2キャブに戻され、シートなどの外装も変更され、この姿になっているんじゃなかろうか。

真相はいかに…